CCPA 透明性レポート

Google のプライバシー ポリシーおよびプライバシー ヘルプセンターに記載されているとおり、Google はユーザーが情報の更新、管理、アクセス、エクスポート、削除を行い、Google サービス全体でプライバシーを管理するための各種ツールを用意しています。これらのツールは、Google のユーザーが CCPA を含むプライバシー関連の適用法に基づいてその権利を行使する主な手段です。 2020 年には、米国の 300 万人以上のユーザーが Google の自分のデータをダウンロードする機能を利用し、また米国の 1,500 万人以上のユーザーが Google のマイ アクティビティ機能を使って自分のデータの一部を削除しました。 これらのツールを利用して、ユーザーは、Google サービス全体で確認、ダウンロード、削除したい特定の種類のデータを選択することができます。リクエストは通常で数日以内、ほとんどの場合は送信から数時間以内に処理されます。

また、ユーザーは、Google に連絡して CCPA に基づく権利を行使することもできます。2020、Google は、自身がカリフォルニア州の居住者であることを確認したユーザーから、こうした連絡手段を介して以下のリクエストを受け取りました。

リクエストの種類リクエスト数一部*または全体を完了したリクエスト数実質的に回答するまでの平均日数
確認リクエスト51651621日
削除リクエスト27627617日

プライバシー ポリシーに記載されているとおり、Google がユーザーの個人情報を販売することはありません。そのため、CCPA に基づき個人情報の販売を無効にすることを求めるユーザーのリクエストに回答する際、上記のように説明するとともに、Google の外部と個人情報を共有することができる限られた状況下でユーザーに情報を提供しています。また、こうした共有に関してユーザーが有するコントロールも提供しています。

* 2020 年に受け取ったリクエストのうち、5 件の確認リクエストと 3 件の削除リクエストを確認できませんでした。

Google アプリ
メインメニュー