主な用語

関連会社

関連会社とは、Google 企業グループに属する事業体で、欧州内で個人ユーザー向けサービスを提供する Google Commerce Ltd、Google Payment Corp、Google Dialer Inc. もこれに含まれます。欧州内でビジネス サービスを提供する企業についての説明もご覧ください。

アルゴリズム

コンピュータが問題解決のための演算を実行する際に従うプロセスまたはルールセットのことです。

アプリケーション データのキャッシュ

アプリケーション データのキャッシュとは、デバイス上のデータ レポジトリです。たとえば、インターネットに接続せずにウェブ アプリケーションを実行できるようにしたり、コンテンツの読み込みを速めることでアプリケーションのパフォーマンスを向上させたりできます。

ブラウザ ウェブ ストレージ

ウェブサイトは、ブラウザ ウェブ ストレージを使用してデバイス上のブラウザにデータを保存できます。「ローカル ストレージ」モードで使用すると、データは次回以降のセッションでも保持されます。そのため、ブラウザを閉じて再度開いた後でも、データを取得することができます。ウェブ ストレージを利用できるテクノロジーには HTML 5 があります。

「Cookie」とは文字列を含む小さなファイルで、ユーザーがウェブサイトにアクセスするとコンピュータに送信され、保存されます。同じサイトに再びアクセスすると、保存された Cookie をサイトが読み取り、ブラウザを識別します。Cookie には、ユーザーのブラウザの設定内容などの情報が保持されることがあります。ユーザーがブラウザの設定で、すべての Cookie の受け取りを拒否する、Cookie が送信されるときに通知を受け取る、などの指定をすることもできます。ただし、ウェブサイトの一部の機能やサービスは、Cookie がないと正しく機能しないことがあります。詳しくは、Google による Cookie の使用およびユーザーが Google のパートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータの使用(Cookie を含む)についての説明をご確認ください。

デバイス

デバイスとは、Google サービスへのアクセスに使用できるコンピュータのことです。たとえば、パソコン、タブレット、スマート スピーカー、スマートフォンはいずれもデバイスと見なされます。

Google アカウント

Google の一部のサービスを利用するには、Google アカウントを作成して Google に個人情報(通常、名前、メールアドレス、パスワード)を提供する必要があります。このアカウント情報は、ユーザーが Google のサービスにアクセスする際のユーザー認証および他者によるアカウントへの不正アクセスの防止に使用されます。アカウントは、ユーザーが Google アカウントの設定画面からいつでも編集、削除できます。

参照 URL

参照 URL(Uniform Resource Locator)とは、ウェブページへのリンクをクリックしたときなどにウェブブラウザから移動先のウェブページに送信される情報をいいます。参照 URL には、ブラウザで前回アクセスしたウェブページの URL が含まれます。

IP アドレス

インターネットに接続しているすべての端末には、それぞれインターネット プロトコル(IP)アドレスという番号が割り当てられます。一般的に、地域ごとに異なる IP アドレスが割り当てられるため、端末がどこからインターネットに接続しているかを識別するために、IP アドレスが使われます。

個人を特定できない情報

ユーザーについて記録された情報であって、個人として特定できるユーザーを反映したり指し示したりすることがないようにしたものをいいます。

個人情報

ユーザーから Google に提供される個人を特定できる情報であって、具体的には、氏名、メールアドレス、お支払いに関する情報、または Google がそうした情報と合理的に関連付けることのできるデータ(Google アカウントと関連付けているデータなど)をいいます。

ピクセル タグ

ピクセルタグとは、ウェブサイトまたはメールの本文中に組み込まれる技術の 1 つで、ウェブサイトの表示やメールの開封といった特定のアクティビティを追跡する目的で使用されます。多くの場合、Cookie と組み合わせて使用されます。

機密性の高い個人情報

個人情報のうち、医療関係の守秘義務のある情報、人種や民族、政治信条や宗教、性的指向などのトピックに関連するものを特にこう呼びます。

サーバー ログ

ほとんどのウェブサイトと同様に、Google では、ユーザーによるページのリクエスト情報を自動的に記録しています。通常これを「サーバー ログ」と呼び、サーバー ログにはユーザーのリクエスト情報、IP アドレス、リクエストの送信日時、使用されたブラウザの種類や言語、その他ブラウザを識別する 1 つ、またはそれ以上の Cookie が含まれます。

たとえば、「cars」というキーワードで検索した場合、一般にサーバーログは次のようなものになります。

123.45.67.89 - 25/Mar/2003 10:15:32 -
http://www.google.com/search?q=cars -
Firefox 1.0.7; Windows NT 5.1 -
740674ce2123e969
  • 123.45.67.89 インターネット サービス プロバイダがユーザーに割り当てる IP アドレスです。使用しているインターネット サービスによっては、ユーザーがインターネットに接続するたびに異なる IP アドレスが割り当てられることがあります。
  • 25/Mar/2003 10:15:32 検索が行われた日時です。
  • http://www.google.com/search?q=cars リクエストされた URL で、検索キーワードが含まれます。
  • Firefox 1.0.7; Windows NT 5.1 使用されたブラウザとオペレーティング システムの種類です。
  • 740674ce2123a969 特定のコンピュータが初めて Google にアクセスしたときにそのコンピュータに割り当てられる固有の Cookie ID です(Cookie はユーザーが削除できるため、Google に前回アクセスした後にそのコンピュータから Cookie を削除した場合は、そのデバイスで次に Google にアクセスしたときにそのデバイスに割り当てられた ID が固有の Cookie ID となります)。

固有の ID

固有の ID とは、ブラウザ、アプリ、またはデバイスを一意に特定できる文字列です。ID の種類によって、永続性の程度、ユーザーがリセットできるかどうか、アクセス方法などが異なります。

固有の ID は、セキュリティや不正行為の検知、メールの受信トレイなどのサービスの同期、ユーザーが選択した設定内容の保存、パーソナライズド広告の表示など、さまざまな用途に使用されます。たとえば、Cookie の中に保存された固有の ID によって、ブラウザのコンテンツがユーザーの指定言語で表示されるようになるなどの形で役立ちます。ユーザーがブラウザの設定で、すべての Cookie の受け取りを拒否する、Cookie が送信されるときに通知を受け取る、などの指定をすることもできます。 詳しくは、Google による Cookie の使用についての説明をご覧ください。

ブラウザ以外のプラットフォームでは、固有の ID は特定のデバイスまたはデバイス上のアプリを認識するために使用されます。たとえば、広告 ID などの固有の ID は、Android 搭載端末で関連性の高い広告を表示するために使用され、デバイスの設定画面で管理できます。固有の ID には、携帯電話の IMEI 番号など、デバイスのメーカーがデバイスに組み込むものもあります(ユニバーサル ユニーク ID または UUID と呼ばれることもあります)。デバイス固有の ID は、デバイスに合わせた Google サービスのカスタマイズや、Google サービスに関連するデバイスの問題の分析などの目的に使用されることがあります。